「粛々と準備」と小池都知事 緊急事態宣言発令見通しで
本映像はログイン後にご覧いただけます

「粛々と準備」と小池都知事 緊急事態宣言発令見通しで  政府が新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を近く発令する見通しになったことを受け、感染者数が全国最多の千人を超える東京都の職員には6日「いよいよか。自分たちも準備を急がなければ」と緊迫感が高まった。都は同日午後に対策会議を開き、小池百合子都知事が記者会見する方向になった。 小池氏は正午前に都庁で報道陣の取材に応じ、発令について政府から直接は聞いていないとした上で、東京が特措法の指定対象になることを想定して準備を進めてきたと説明。「粛々と準備を重ね、都民には宣言時にどのようなことが想定されるのか整理して伝えたい」と述べた。<映像内容>小池都知事のぶら下がり、都庁外観など、撮影日:2020(令和2)年4月6日、撮影場所:東京都新宿区の東京都庁

タグ 小池 都知事 緊急事態宣言発令 見通し 新型コロナ 全国最多 同日午後 宣言発令 宣言発令見通し 対策会議 小池百合子 小池百合子都知事 小池都知事 指定対象 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス特措法 東京都庁 東京都新宿区 発令見通し 緊急事態 緊急事態宣言 自分たち 都庁外観

映像情報

撮影日
2020/04/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分34秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4