「新華社」都市は「計算力の時代」に突入した中国工程院院士が分析
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」都市は「計算力の時代」に突入した中国工程院院士が分析 「都市大脳(CityBrain)」は都市全体の知能の中枢で、都市全体に対する大局的で即時性のある分析ができ、都市のデータ資源を利用して公共資源の分配を最適化し、最終的には都市の管理が可能な超知能(スーパーインテリジェンス)に進化する。中国工程院院士(アカデミー会員)で杭州都市大脳のチーフアーキテクトを務め、アリババが運営するクラウドサービス阿里雲(アリババ・クラウド)の創設者でもある王堅(おう・けん)氏は取材に対し、現在の状態まで発展した都市は「計算力の時代」に突入し、計算能力が都市の発展に全く新しい革命的な質の変化をもたらすとの考えを示した。浙江省杭州市は2016年、全国に先駆けて都市大脳の構築を打ち出し、交通管理を突破口に行政事務や社会データ資源を相互接続し、市民により良質なサービスを提供するため、データによる都市管理能力向上を推進している。杭州都市大脳は19年、中枢システムとデジタル化管理ツール「デジタル・コックピット」および活用シーンを相互連結する完全な技術と製品システムを構築した。杭州都市大脳はすでに11のシステムと48の活用シーンの同期を推進して良好な局面を形成しており、利用者は気軽な受診や楽しい旅行、便利な駐車、街区の管理などの活用シーンについて、高い満足度を示している。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>都市大脳稼働の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 都市大脳 CityBrain おうけん アカデミー アカデミー会員 アリババ アリババクラウド インテリジェンス クラウド クラウドサービス クラウドサービス阿里雲 コックピット サービス サービス阿里雲 システム スーパー スーパーインテリジェンス チーフアーキテクト デジタル デジタルコックピット デジタル化 デジタル化管理ツール データ資源 中国工程院 中枢システム 交通管理 公共資源 大脳稼働 杭州都市 杭州都市大脳 活用シーン 浙江省杭州市 相互接続 相互連結 社会データ 社会データ資源 管理ツール 管理能力 管理能力向上 能力向上 行政事務 製品システム 計算能力 都市大脳稼働 都市管理 都市管理能力

映像情報

撮影日
2020/04/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
00分53秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4