「新華社」春の息吹を味わう清明節に彩り添える「清明粿」
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」春の息吹を味わう清明節に彩り添える「清明粿」 「清明粿」は、墓参の習慣のある清明節(4月4日)前後に、中国長江以南の地域に住む人々が祖先の祭祀や親戚友人をもてなす際に食べる伝統的な季節の食べ物で、「青団」(草団子)や「清明団子」とも呼ばれている。中国浙江省余姚(よよう)市では、地元の人たちがヨモギの汁とうるち米の粉を使って餃子を作る。やわらかくてもっちりとした「清明粿」には、清々しい春の香りが包み込まれている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>草団子を作る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 伝統文化 食文化 料理 食べ物 うるち米 中国浙江省 中国長江 清明団子 親戚友人

映像情報

撮影日
2020/04/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分26秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4