「新華社」重慶市巴南区で春茶の収穫最盛期
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」重慶市巴南区で春茶の収穫最盛期 寒さが緩むにつれ、中国重慶市巴南(ばなん)区白象山の8千ムー(約533ヘクタール)余りの茶畑が次々と茶摘みの時期を迎えている。茶農家は茶畑の間を行き来しながら、春茶の茶摘みに精を出している。同市はお茶の原産地の一つで、特に春の新茶で知られている。春の新茶の代表は巴南区で栽培される定心緑茶で、毎年清明節(4月5日ごろ)前に、茶農家が新鮮でふっくらと柔らかく、形の良い芽を選んで摘み取り、葉の発酵を止める殺青(さっせい)処理、揉捻(じゅうねん)、形成、乾燥などの工程を経て作られる。巴南区はここ数年、茶の苗木の贈呈や資金援助、技能訓練などさまざまな施策を通じ、茶産業の発展に向けて積極的に取り組んでいる。また茶産業と観光を組み合わせた発展モデルを推進し、良好な経済的・社会的効果を得ている。(記者/陶冶、楊仕彦)<映像内容>茶畑の風景、茶摘みの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 空撮 ドローン 農業 茶業 茶畑 春茶 茶摘み じゅうねん 中国重慶市 中国重慶市巴南 区白象山 収穫最盛期 技能訓練 発展モデル 社会的効果 経済的社会的 経済的社会的効果 資金援助 重慶市巴南 重慶市巴南区

映像情報

撮影日
2020/04/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分58秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4