「新華社」砂漠でロバ飼育、地元の貧困脱却後押し新疆ホータン地区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」砂漠でロバ飼育、地元の貧困脱却後押し新疆ホータン地区 中国新疆ウイグル自治区ホータン地区では、大企業がけん引し、大衆が広く参加するロバ産業が急成長を遂げている。ロバの皮は薬用、肉は食用、乳は優れた栄養食品となることから、貧困脱却を産業面から支援している。砂漠の辺縁部に位置する同地区は、気候が乾燥し昼夜の気温差が大きい。一方で広大な面積と古くからの家畜飼育の伝統は、ロバ産業を発展させるうえで強みを持つ。同地区のロバの飼育頭数は現在、全国の1割を占めており、規模のメリットが生まれている。ロバの飼育が比較的集中する同地区グマ県では、貧困家庭が無料で支給されたロバの飼育を企業に委託している。企業が飼料コストを負担し、貧困家庭は毎年、雌ロバの乳と子ロバを収益として得ている。(記者/張嘯誠)<映像内容>ロバの飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 空撮 ドローン 畜産 動物 生き物 ロバ ホータン ホータン地区 メリット ロバ産業 ロバ飼育 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区ホータン 地区グマ 家畜飼育 後押し新疆 後押し新疆ホータン 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区ホータン 新疆ウイグル自治区ホータン地区 新疆ホータン 新疆ホータン地区 栄養食品 脱却後押し 脱却後押し新疆 貧困家庭 貧困脱却 貧困脱却後押し 飼料コスト 飼育頭数

映像情報

撮影日
2020/04/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分56秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4