「新華社」下向きキノコが呼吸する、のどかな春の森林風景貴州省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」下向きキノコが呼吸する、のどかな春の森林風景貴州省 中国貴州省六盤水市に位置する六枝特区花徳河国有営林場には、森林内に配列させた木の棚の上いっぱいに、中国でサルの頭キノコを意味する「猴頭菇」と呼ばれるヤマブシタケの種菌を植え付けた原木が並ぶ。現在ここは、六枝特区林業生態発展新モデル地区に指定され、食用キノコ栽培拠点になっている。猴頭菇は全体がふわふわした細い毛で覆われ、空気から水分を吸収するためキノコ業者は「呼吸するキノコ」とも呼ぶ。森林の生態環境は猴頭菇など食用キノコの栽培に非常に適しており、地元では森林の中に上下に間隔を取って棚を重ねる方式で猴頭菇を植栽している。棚には種菌を植え込んだ原木を、キノコが出る側を下に向けて置き、上からフィルムを貼り、日光と雨が菌の原木に直接当たらないようにしている。生産農家は1ムー(約667平方メートル)当たり5千本の原木を置くことができ、生産額は4万元(1元=約15円)、利益は2万元以上になる。地元では「樹木を伐採せず、移植せず、キノコ栽培で豊かになる」をコンセプトに、森林資源を保護するとともに農家増収も実現している。(記者/劉勤兵、潘徳鑫)<映像内容>森林の風景、食用キノコ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ キノコ 農業 栽培 ドローン 空撮 風景 キノコ栽培 キノコ業者 コンセプト フィルム ヤマブシタケ 下向きキノコ 中国貴州省 中国貴州省六盤水市 六枝特区 六枝特区林業 六枝特区林業生態 六枝特区花 六枝特区花徳河 六盤水市 国有営林 徳河国有 徳河国有営林 新モデル 新モデル地区 林業生態 林業生態発展 栽培拠点 森林資源 森林風景 森林風景貴州省 生態環境 生態発展 生態発展新モデル 生産農家 発展新モデル 発展新モデル地区 花徳河国有 貴州省六盤水市 農家増収 頭キノコ 風景貴州省 食用キノコ 食用キノコ栽培 食用キノコ栽培拠点

映像情報

撮影日
2020/04/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分03秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4