「新華社」南昌大学、新型コロナウイルスの動きを3D映像化
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」南昌大学、新型コロナウイルスの動きを3D映像化 中国江西省の南昌大学第二付属医院はこのほど、3次元画像解析システム「SYNAPSE」を活用し、新型コロナウイルスがヒトの肺組織を攻撃する過程を映像化した。「SYNAPSE」はウイルスの攻撃を受けた肺組織が直感的に表示できるほか、ウイルスに感染した肺組織の体積や比率が正確に計算でき、こうした動的観察が症状の進展予測に対し重要な意味を持つ。(記者/彭菁)<映像内容>新型コロナウイルスが肺組織を攻撃する過程を3D映像化、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 肺組織 SYNAPSE 3次元画像解析システム IT 科学 技術 医学 医療 SYNAPSE ウイルス システム 中国江西省 付属医院 画像解析 画像解析システム 進展予測

映像情報

撮影日
2020/04/10
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
30fps
再生時間
00分47秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4