「新華社」高セレン茶で貧困脱却を後押し江西省万安県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」高セレン茶で貧困脱却を後押し江西省万安県 中国江西省吉安市万安県では、1万ムー(約660ヘクタール)を超える茶畑で黄金茶が摘採の時期を迎えている。黄金茶の名称は新芽が黄色いことに由来し、中でも同県産の茶はセレンの含有量が多いことから「黄金富硒茶(ふさいちゃ、硒はセレンの意)」と呼ばれる。地元では黄金色の新鮮な茶葉が住民の貧困脱却を後押しする特色産業となっている。同県は茶栽培で「政府主導、企業けん引、農家主体、科学技術支援」という運用システムを導入。企業と生産拠点、農家、貧困世帯を連携させた運営モデルを通じて、村と農家が黄金茶や白茶などの富硒茶を栽培するよう指導している。県全体では4万ムー(約2660ヘクタール)を超える茶畑が摘採期を迎え、千人以上の雇用を創出している。人々は出稼ぎに出る必要がなくなり、世帯当たりの平均年収も8千元(1元=約15円)以上増えた。(記者/黄和遜)<映像内容>茶畑の風景、茶摘みの様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 農業 茶業 茶畑 空撮 ドローン 茶摘み システム セレン茶 世帯当たり 中国江西省 中国江西省吉安市 企業けん引 吉安市万安県 平均年収 後押し江西省 後押し江西省万安県 政府主導 江西省万安県 江西省吉安市 江西省吉安市万安県 特色産業 生産拠点 科学技術 科学技術支援 貧困世帯 貧困脱却 農家主体 運営モデル 運用システム 黄金富硒

映像情報

撮影日
2020/04/09
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分49秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4