コウノトリ200羽超が嘟嚕河湿地に生息黒竜江省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

コウノトリ200羽超が嘟嚕河湿地に生息黒竜江省  4日、嘟嚕河省級自然保護区のコウノトリ。中国黒竜江省鶴岡(かくこう)市蘿北(らほく)県の嘟嚕(とろ)河省級自然保護区には今春、国家1級保護動物のコウノトリが200羽以上飛来した。同保護区で初めてコウノトリが確認されたのは2017年。翌年には同鳥を誘引するため人工巣20カ所を設置した。人工巣はその後も次々に増設され、自然湿地の岸辺の保護や河川や湖の水系接続などの作業も実施された。保護区職員によると、同保護区は既にコウノトリの固定繁殖地となっており、今年は予想を上回る数が飛来したという。(ハルビン=新華社配信/左玉濤)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 動物 生き物 生態 コウノトリ ハルビン 中国黒竜江省 中国黒竜江省鶴岡 保護動物 保護区職員 嚕河湿地 固定繁殖 水系接続 生息黒竜江省 自然保護区 黒竜江省 黒竜江省鶴岡

画像情報

登録日時
2020/04/04 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
5792×8688 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
143.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ