「新華社」春の農作業を変える「ブラックテクノロジー」
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」春の農作業を変える「ブラックテクノロジー」 春を迎え、中国の各地で農作業が始まっている。地上では無人農業機械や空からの散布作業用ドローン、宇宙では衛星測位システム「北斗」など、農業の「ブラックテクノロジー」(画期的な先端技術)が農作業を便利にするとともに、従来の農作業を変えつつある。散布作業用ドローンは、主に農薬や肥料を散布し、農民の健康被害を軽減しつつ、散布効率を向上できる。こうした空飛ぶハイテク技術はすでに農業資材市場では当たり前の商品となっている。「北斗」搭載の自動運転トラクターによる田植えは、人の運転よりも、畝が高く、多い。生産量増加に有効な上、トラクター作業員の負担を軽減することができる。5G通信技術の普及により、農作業におけるスマート農業ロボットの活用が進んでいる。スマート農業ロボットは、農作物の生育データをリアルタイムで収集し、生産者による適切な管理とコントロールをサポートし、農業をより環境にやさしく効率的で高品質なものにしている。また、高速田植機は、人による田植えに比べ、スピードも速く、苗の列や株間が整い、田植え効率を向上させている。農業における「ブラックテクノロジー」の活用は増えており、春の農作業に新たな変化が生まれている。(記者/劉彬、郭傑文、彭菁)<映像内容>スマート農業ロボットの活用の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 農業 IT 科学 技術 ロボット ドローン コントロール サポート スピード スマート スマート農業 スマート農業ロボット トラクター トラクター作業 ハイテク ハイテク技術 ブラックテクノロジー リアルタイム 健康被害 先端技術 散布作業 散布効率 無人農業機械 生産量増加 生育データ 田植え効率 自動運転 自動運転トラクター 衛星測位システム 資材市場 農業ロボット 農業機械 農業資材 農業資材市場 通信技術 高速田植機

映像情報

撮影日
2020/04/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分25秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4