「新華社」ビッグデータ産業、感染流行の中で新展開貴州省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ビッグデータ産業、感染流行の中で新展開貴州省 中国初の国家ビッグデータ総合試験区である貴州省では新型コロナウイルス感染が発生してから、ビッグデータ産業の一部企業が独自の技術的優位性を活かし、社会全体が感染対策を進める中で、一連の新商品・サービスを開発しており、これまで市場で冷遇されていた既存のものにも成長の好機が訪れている。感染流行によりテレワークやデジタル化転換、オンラインショッピング、オンライン観光、デジタルエンターテインメントに対する社会的需要が爆発的に高まり、ビッグデータ産業の需要も高まっている。同省貴安新区の大学城双創(創新・創業)パークにある貴州数据宝網絡科技(ChinaDataPay)は国有データ資産付加価値サービス事業者で、感染の発生により従来の業務が激減した後、自らの強みを生かして全く新しいサービスの数々を打ち出した。湯寒林(とう・かんりん)総裁によると、オンラインゲームやオンライン医療、オンライン学習などが同社に新たなチャンスをもたらし、第1四半期の売上高は減少どころか2~3割増加したという。「勾勾」(GOUGOU)は貴州樹精英教育科技術が開発した教育ビッグデータプラットフォームで、スマートペンと採点システムで受講者の答案を集め、アルゴリズム分析を通じて学習状況のモニタリングと学習レベルの評価システムを構築している。昨年3月に投入した際には市場ではあまり評価されなかったが今年3月に転機が訪れた。同社の余月清(よ・げつせい)董事長は「今、多くの学校が順番待ちで当社のサービスを購入している」と語った。また余氏は、教育に高い利便性と確実性を提供することが、ビッグデータ産業の同社と同社のサービスが教育業界にもたらす最大の価値であり、感染流行中に学校により良いサービスを提供したことは明らかだとの見方を明らかにした。(記者/劉勤兵、張月琳、潘徳鑫)<映像内容>貴州省の空撮、国家ビッグデータ総合試験区の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 空撮 ドローン ビッグデータ産業 IT クアルコム フォックスコン ロゴマーク ChinaDataPay GOUGOU かんりん アルゴリズム アルゴリズム分析 エンターテインメント オンライン オンラインゲーム オンラインショッピング オンライン医療 オンライン学習 オンライン観光 サービス サービス事業者 システム スマート スマートペン チャンス テレワーク デジタル デジタルエンターテインメント デジタル化 デジタル化転換 データ資産 データ資産付加価値 ビッグデータ ビッグデータプラットフォーム ビッグデータ総合 ビッグデータ総合試験 プラットフォーム モニタリング 付加価値 付加価値サービス 付加価値サービス事業者 商品サービス 国家ビッグデータ 国家ビッグデータ総合 国有データ 国有データ資産 学習レベル 学習状況 宝網絡科技 展開貴州省 感染対策 感染流行 据宝網絡 採点システム 教育ビッグデータ 教育ビッグデータプラットフォーム 教育業界 新型コロナウイルス感染 社会的需要 精英教育 網絡科技 総合試験 評価システム 資産付加価値 資産付加価値サービス

映像情報

撮影日
2020/04/14
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分22秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4