「新華社」「共同縫製工場」設立で中小アパレル企業に活路福建省石獅市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「共同縫製工場」設立で中小アパレル企業に活路福建省石獅市 中国福建省石獅市(泉州市の管轄下にある県級市)はアパレル産業の重要な拠点で、市内には8千社を超える川上・川下企業が存在する。新型コロナウイルス感染症の世界的なまん延により、海外に顧客を持つ中小アパレル企業の多くは取引中止に追い込まれ、厳しい状況が続いている。これに対応するため、同市では関連企業が団結して共に苦境を乗り越えようとしている。3月末、同市初の「共同縫製工場」が誕生した。第1陣の設備と従業員はすでに準備が整い、海外からの注文12万件の生産が次々と始まっている。同工場が従来のOEM(相手先ブランド名製造)モデルと異なるのは、生産能力や注文、データを共有することで、各企業の生産ラインの閑散期を合理的に計画、運営して「バーチャル共同工場」を打ち立て、一括受注した上で、各企業に注文を振り分ける点にある。これにより受注が困難な企業に注文を回し、操業再開が困難な企業の生産能力を回復させ、資金繰りが困難な企業のサプライチェーンにおける決済問題を解決している。(記者/宓盈婷、林凱、章博寧)<映像内容>縫製工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス アパレル 工場 生産 アパレル企業 アパレル産業 サプライチェーン バーチャル ブランド名 ブランド名製造 一括受注 中国福建省 中国福建省石獅市 中小アパレル 中小アパレル企業 取引中止 川上川下 川上川下企業 川下企業 操業再開 新型コロナウイルス感染 活路福建省 活路福建省石獅市 生産ライン 生産能力 福建省石獅市 縫製工場 資金繰り 関連企業

映像情報

撮影日
2020/04/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
50fps
再生時間
00分57秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4