「新華社」「新疆製」綿摘み機の製造に全力新疆ウイグル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「新疆製」綿摘み機の製造に全力新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある設備製造業の拠点では現在、地元の綿摘み機製造企業が工期短縮に全力で取り組んでいる。「新疆製」の綿摘み機が予定通り使用開始できれば、新型コロナウイルス感染によるマイナスの影響は大幅に軽減される。8月末の綿花の収穫期までに、綿摘み機を期日通り納品するため、製造企業の従業員は連日残業し、生産目標の達成に向けて工期短縮を図っている。国内最大の綿花の産地である同自治区はここ数年、収穫作業の機械化が大規模に進んでいる。2019年、同自治区の機械による綿花の収穫面積は1150万ムー(約76万6667ヘクタール)に達し、2020年にはさらに100万ムー(約6万6667ヘクタール)以上の増加が見込まれている。綿摘み機製造企業は市場獲得の好機を迎えている。(記者/張嘯誠、潘瑩)<映像内容>綿摘み機の製造、綿花の収穫、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 製造 工場 綿花 収穫 農業 ウルムチ マイナス 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区ウルムチ 予定通り 予定通り使用 予定通り使用開始 使用開始 全力新疆ウイグル自治区 収穫作業 収穫面積 国内最大 工期短縮 市場獲得 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区ウルムチ 生産目標 製造企業 設備製造

映像情報

撮影日
2020/04/21
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分58秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4