「新華社」成都でAR芸術展スマホで楽しむ「奇妙な」世界
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」成都でAR芸術展スマホで楽しむ「奇妙な」世界 中国四川省成都市の成都国際金融センターで17日、「奇妙な花園」と銘打つ野外AR(拡張現実)芸術展が始まった。来場者は、展示物の二次元バーコードをスマートフォンでスキャンし、AR技術が画面に映し出す仮想と現実の融合を楽しんだ。展示作品は英国の芸術家、ジャック・サックス氏が制作した。仮想の3Dアニメーションを実際の展示物に融合させる手法を用いている。会場は六つのテーマに分かれており、現代芸術に四川マージャンやピクニック、ペットなどの要素を取り入れている。開催は来月17日まで。(記者/蕭永航、李倩薇)<映像内容>野外AR芸術展の様子、撮影日:2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ AR 芸術 二次元バーコード スマートフォン IT 科学 技術 麻雀 AR技術 AR芸術 アニメーション サックス ジャック ジャックサックス スキャン バーコード ピクニック マージャン 中国四川省 中国四川省成都市 四川マージャン 四川省成都市 国際金融センター 展示作品 成都国際 成都国際金融センター 拡張現実 現代芸術 野外AR 野外AR芸術 金融センター

映像情報

撮影日
2020/04/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分15秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4