「新華社」古い居住区が杭州市最大のスポーツ公園に生まれ変わる
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」古い居住区が杭州市最大のスポーツ公園に生まれ変わる 中国浙江省杭州市で2022年開催予定のアジア競技大会で卓球とホッケーの試合会場となる運河アジア競技大会公園は、同市が重点的に打ち出した総合公園プロジェクト。全市民の健康的な体作りをテーマとし、体育館や運動場、商業施設、サービス施設を備える。同公園は敷地面積701ムー(約47ヘクタール)、完成後は同市最大のスポーツ公園となる。このエリアは以前、祥符橋村と花園岡村、方家埭村から成る同市拱墅(きょうしょ)区の「城中村」(都市化の中で取り残され立ち遅れた住民地区)だったが、このたび整備され公園へと生まれ変わる。建設計画に基づき、同公園は21年3月の完成を目指す。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>2022年アジア競技大会の試合会場の建設、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 街並み 風景 景観 空撮 ドローン ビル群 2022年アジア競技大会 建設 アジア競技大会 アジア競技大会公園 サービス サービス施設 スポーツ公園 プロジェクト ホッケー 中国浙江省 中国浙江省杭州市 住民地区 同市拱墅 同市最大 商業施設 建設計画 敷地面積 杭州市最大 浙江省杭州市 祥符橋村 総合公園 総合公園プロジェクト 花園岡村 試合会場 運河アジア競技大会 運河アジア競技大会公園 開催予定

映像情報

撮影日
2020/04/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分41秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4