「新華社」アリババ、自動運転車用「仮想+現実」シミュレーションツール開発
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アリババ、自動運転車用「仮想+現実」シミュレーションツール開発 中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の先端技術研究機関「DAMOアカデミー(阿里巴巴逹摩院)」はこのほど、世界初となる仮想環境(バーチャル)と実環境(リアル)を融合させた自動運転車用シミュレーションツールを開発したと発表した。1日当たり800万キロ以上のシミュレーション走行が可能で、雷雨や雪などの悪天候や夜間走行など危険性の高いシーンも、わずか30秒で生成する。前方・後続車両の急接近や急な割り込み、急ブレーキなどさまざまなシーンを再現でき、自動運転車の障害物回避テストの難度を引き上げた。1日に100万種類のシーンを再現できるという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>自動運転車用のシミュレーションツールを開発、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 自動車 自動運転車 DAMO DAMOアカデミー アカデミー アリババ アリババグループ アリババグループ傘下 シミュレーション シミュレーションツール シミュレーションツール開発 シミュレーション走行 ツール開発 バーチャル 仮想環境 先端技術 先端技術研究 先端技術研究機関 前方後続 前方後続車両 割り込み 回避テスト 夜間走行 大手アリババグループ 大手アリババグループ傘下 後続車両 急ブレーキ 研究機関 阿里巴巴 電子商取引 高いシーン

映像情報

撮影日
2020/04/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
00分44秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4