「新華社」馬雲氏とアリババ、アフリカに第3陣の感染対策物資を寄付
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」馬雲氏とアリババ、アフリカに第3陣の感染対策物資を寄付 中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が設立した「馬雲公益基金会」と同グループの「アリババ公益基金会」は20日、アフリカでの新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アフリカ連合(AU)と協力し、アフリカに第3陣の感染対策物資を送ると発表した。馬氏は、今回の物資に医療用と一般用のマスク460万枚、人工呼吸器300台、赤外線温度計100台、額体温計2千本、防護服20万着などが含まれると表明した。これらの物資はAUに寄付され、AUとアフリカ疫病予防管理センターが感染の拡大と現地の状況に基づき統一的に分配する。今回は、新型コロナの発生以降に両基金会がアフリカに向け実施する3回目の支援となる。大まかな統計によると、両基金会は3回の支援でマスク1060万枚、防護服とフェースシールド46万点、人工呼吸器800台、検査機器や検査試薬260万人分などの物資をアフリカに寄付したことになる。(記者/殷暁聖)<映像内容>馬雲公益基金会とアリババ公益基金会がアフリカに支援物資を寄付、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 医療 支援物資 アフリカ エチオピア航空 飛行機 機体 ロゴマーク アフリカ疫病 アフリカ疫病予防 アフリカ連合 アリババ アリババグループ アリババ公益 アリババ公益基金 グループ シールド ジャックマー センター フェース フェースシールド 中国電子商取引 予防管理 予防管理センター 人工呼吸器 公益基金 大手アリババグループ 感染対策 感染対策物資 感染拡大 新型コロナ 検査機器 検査試薬 疫病予防 疫病予防管理 管理センター 赤外線温度計 電子商取引 額体温計 馬雲公益 馬雲公益基金

映像情報

撮影日
2020/04/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分19秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4