「新華社」キノコ栽培の村、ネット通販に活路浙江省麗水市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」キノコ栽培の村、ネット通販に活路浙江省麗水市 中国浙江省麗水市慶元県安隆村では一夜の雨が上がり、キノコ栽培基地がにぎわいを見せた。地面には一面のアミガサタケがすくすくと育っている。土に生えるこのキノコは見た目が羊の胃袋に似ていることから中国では「羊肚菌」と呼ばれる。貴重な食用菌の一種で消費者の人気も高い。地元は今年、新型コロナウイルスの感染の影響で収穫したキノコの出荷に難題が生じたが、同村村民委員会の劉堅仁(りゅう・けんじん)主任は流行の初期段階でいち早く手を打った。電子商取引(EC)で長年の経験を持つ呉金文(ご・きんぶん)さんと連絡を取り、インターネットを利用した販路問題の解決に着手した。販路が開けると、栽培基地の雇用も自然と需要が増した。ネット販売の売り上げは地元の低所得農家の収入源となった。村の指導の下、「五保戸」と呼ばれる政府から衣食住と医療、葬儀の保障を受ける貧困戸や低所得農家がアミガサタケ栽培を始め、その動きは近隣の鎮や村にまで広がった。同村はまた、合作社(協同組合)を組織し、統一的な技術指導と買い上げ、販売を実施。栽培農家に安心をもたらした。(記者/張璇、李濤)<映像内容>キノコ栽培、収穫の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ キノコ 農業 栽培 きんぶん にぎわい アミガサタケ アミガサタケ栽培 インターネット キノコ栽培 キノコ栽培基地 ネット販売 ネット通販 中国浙江省 中国浙江省麗水市 低所得農家 初期段階 協同組合 同村村民委員会 売り上げ 慶元県安隆 技術指導 新型コロナウイルス 村民委員会 栽培基地 栽培農家 活路浙江省 活路浙江省麗水市 浙江省麗水市 浙江省麗水市慶元県 電子商取引 麗水市慶元県 麗水市慶元県安隆

映像情報

撮影日
2020/04/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
02分03秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4