「新華社」明・清代の書籍に使われた高級「開化紙」が復活浙江省衢州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」明・清代の書籍に使われた高級「開化紙」が復活浙江省衢州市 中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県で作られていた「開化紙」は、「開花紙」や「桃花箋」とも呼ばれ、明・清代に書籍の印刷で用いられた。紙質はきめ細かく、清らかな白さとしっとりした柔らかさを持ち、薄さと強さを兼ね備えており、「貢紙」の別名もあったが、清代後期に流通が徐々に減少し、やがて姿を消してしまった。約2年前から国家図書館と復旦大学中華古籍保護研究院の支援により、開化紙作りの伝統技術が民間職人の手で復活。紙の寿命は2800年以上に及ぶという。(記者/鄭夢雨)<映像内容>開化紙作りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 伝統文化 職人 技術 中国浙江省 中国浙江省衢 中華古籍 中華古籍保護 伝統技術 保護研究 古籍保護 古籍保護研究 国家図書館 市開化県 復旦大学 復旦大学中華 復旦大学中華古籍 復活浙江省 復活浙江省衢 民間職人 浙江省衢 浙江省衢州市 清代後期

映像情報

撮影日
2020/04/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分54秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4