「新華社」世界唯一の茶色パンダ「七仔」がグルグル歩き回る理由とは
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」世界唯一の茶色パンダ「七仔」がグルグル歩き回る理由とは 中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターでこのほど、世界で唯一人工飼育されている茶色のパンダ「七仔(チーザイ)」が、飼育舎の同じ場所を1時間以上もグルグルと歩き回る姿が確認された。同じ場所を歩き回り過ぎたので、その場所に植えられた芝生が踏みつけられて、芝がなくなってしまったほど。その理由は、パンダの繁殖期は年1回、3月から5月頃にやってくるため、パンダが普段よりも興奮したり、不安を感じやすいからだと言われている。つまり、「七仔」は「彼女」を探すために、落ち着きなく動き回っていた可能性が高い。(記者/孫正好)<映像内容>歩き回る茶色のパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 茶色 パンダ 生態 ジャイアントパンダ ジャイアントパンダ繁殖 ジャイアントパンダ繁殖研究 センター チーザイ 世界唯一 中国陝西省 中国陝西省林業 人工飼育 唯一人工 唯一人工飼育 嶺ジャイアントパンダ 嶺ジャイアントパンダ繁殖 林業科学 研究センター 秦嶺ジャイアントパンダ 繁殖研究 繁殖研究センター 茶色パンダ 落ち着き 陝西省林業 陝西省林業科学

映像情報

撮影日
2020/04/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分26秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4