天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 建築 歴史 外観 じょせい じょせいしょう イタリア スペイン フランス 万国建築 万国建築博覧 中国天津市 中華民国 北へ平行 北洋政府 建築博覧 建築博覧苑 歴史文化街 近現代史

画像情報

登録日時
2020/04/28 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1658×2479 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
11.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ