「新華社」人から機械へ、養鶏場の無人化が加速新疆ウイグル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」人から機械へ、養鶏場の無人化が加速新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区クムル市の長鳴家禽飼育専門合作社(協同組合)の鶏舎には、忙しく働く従業員の姿はなく、機械が代わりに働いている。組合は鶏養を中心に、計17万4千羽の採卵鶏を飼育し、同市の1日に必要な卵の半分近くを採卵している。大きな鶏舎内で、鶏卵はベルトコンベアで鶏舎隅のエレベーターへと運ばれ、従業員2人により検査と包装が行われる。全体で具体的な飼育作業を行う従業員は20人足らずだ。組合の技術者、郭銀博(かく・ぎんはく)さんによると、養鶏場の自動化や機械化、標準化関連措置により、従業員の労働量は大幅に減少し、効率が大幅に向上したという。場内の温度と風量はセンサーで自動調節され、鶏糞はベルトコンベアで指定エリアに運ばれる。飼料と水の量もコンピューターで的確に制御されており、鶏にとって良好な環境を保つことができるという。(記者/張嘯誠、趙戈)<映像内容>自動化や機械化された養鶏場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 鳴き声 畜産 IT 科学 技術 エレベーター クムル市 コンピューター センサー ベルトコンベア 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区クムル市 加速新疆ウイグル自治区 協同組合 家禽飼育 家禽飼育専門 専門合作社 指定エリア 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区クムル市 標準化関連 標準化関連措置 自動調節 長鳴家禽 長鳴家禽飼育 関連措置 飼育作業 飼育専門 飼育専門合作社

映像情報

撮影日
2020/04/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分03秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4