「新華社」観光客待つ収穫期のサクランボ河南省鄭州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」観光客待つ収穫期のサクランボ河南省鄭州市 中国河南省鄭州市二七区の桜桃溝村はサクランボ栽培の長い歴史を持ち、村全体の作付面積が1万ムー(約667ヘクタール)に上る。花が満開となり、果実が熟すと、多くの観光客がサクランボ狩りに訪れる。新型コロナウイルスの流行中、同村は門を閉ざしていたが、18日に一般公開を再開。村民は果樹園の手入れに精を出し、労働節(メーデー)の連休に備えている。(記者/楊琳、尚崑崙)<映像内容>サクランボ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 街並み 風景 景観 農業 サクランボ サクランボ栽培 サクランボ河南省 サクランボ河南省鄭州市 サクランボ狩り メーデー 一般公開 中国河南省 中国河南省鄭州市 作付面積 新型コロナウイルス 河南省鄭州市

映像情報

撮影日
2020/04/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分49秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4