中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  中国と世界保健機関(WHO)は北京で3月12日、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制に関する中国の経験を共有するためのビデオ会議を開催した。関係国の在中国大使館と国際組織の代表は北京会場で、WHO西太平洋地域事務局と関係国の代表はビデオ会議システムを通じて出席した。写真はビデオを通じてあいさつするWHOのテドロス事務局長。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社配信/国家衛生健康委員会提供)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:国家衛生健康委員会/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス ビデオ会議 感染対策 予防 あいさつ システム テドロス テドロス事務局長 ビデオ会議システム メディア メディア報道 ロス事務局長 世界保健機関 中国大使館 予防抑制 予防抑制経験 事務局長 会議システム 公表国際協力 北京会場 取り組み 国家衛生 国際交流 国際協力 国際組織 地域事務局 対策協力 感染症対策 感染症対策協力 感染発生 感染発生状況 抑制経験 新型コロナ 新型コロナウイルス対策 新型コロナウイルス感染 新華通訊社 時系列記録 発生状況 研究機関 科学研究 科学研究機関 西太平洋 西太平洋地域 西太平洋地域事務局

画像情報

登録日時
2020/03/12 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3375×6000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
57.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ