「新華社」中国ラオス鉄道の重点プロジェクト、新平トンネルが貫通
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国ラオス鉄道の重点プロジェクト、新平トンネルが貫通 中国雲南省昆明市とラオスの首都ビエンチャンを結ぶ中国ラオス鉄道の重点プロジェクト、新平トンネルが4月26日、約4年にわたる困難に満ちた建設工事の末、無事に貫通した。中国鉄路昆明局集団滇南鉄路建設指揮部の劉俊成(りゅう・しゅんせい)副指揮長は、同トンネルの全長は約14・8キロで、雲南省玉渓(ぎょくけい)市新平県に位置し、掘削の際に何本もの深い断層破砕帯に直面したため、かなりの難工事だったと説明した。同鉄道の中国国内区間が全面的に操業を再開して以来、建設工事は着実に進み、玉渓市と磨憨鎮を結ぶ玉磨鉄道区間の特大橋とトンネルの建設は既に8割以上が完成している。同鉄道は2021年末までに全面開通を予定しており、開通後は昆明市を夕方に出発すると、ビエンチャンには翌朝到着できるようになる。(記者/丁怡全)<映像内容>中国ラオス鉄道の新平トンネルが貫通、工事の様子、撮影日:2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 一帯一路 鉄道 建設 工事 交通 空撮 りゅうしゅん トンネル ビエンチャン プロジェクト ラオス鉄道 中国ラオス 中国ラオス鉄道 中国国内 中国国内区間 中国鉄路 中国鉄路昆明 中国雲南省 中国雲南省昆明市 全面開通 南鉄路建設 国内区間 平トンネル 建設工事 建設指揮 断層破砕 滇南鉄路 玉磨鉄道 磨鉄道区間 重点プロジェクト 鉄路建設 鉄路建設指揮 鉄路昆明 鉄道区間 集団滇南 雲南省昆明市 首都ビエンチャン

映像情報

撮影日
2020/04/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
1012p
フレームレート
25fps
再生時間
00分57秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4