「新華社」観光と感染予防両立し、秩序よく連休を迎える八達嶺長城風景区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」観光と感染予防両立し、秩序よく連休を迎える八達嶺長城風景区 中国北京市の八達嶺長城風景区ではメーデー連休(今年は5月1〜5日)の初日、多くの観光客の姿が見られた。入場券はすべてオンラインで記名式による予約販売となり、観光客は健康コード(スマートフォン上で表示される健康状態を示す2次元バーコード)の提示と検温、身分証明書の読み取りなどを経た上で入場できる。風景区では観光客の健康と安全を守るため、1日当たりの入場者数を延べ1万9500人までとしている。(記者/張漫子、田晨旭)<映像内容>メーデー連休の八達嶺長城の様子、撮影日:2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス メーデー連休 観光 万里の長城 オンライン スマートフォン バーコード メーデー 中国北京市 予約販売 予防両立 健康状態 八達嶺長城 八達嶺長城風景 感染予防 感染予防両立 読み取り 身分証明書

映像情報

撮影日
2020/05/01
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分45秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4