「新華社」ワンタップで配車、自動運転タクシーの乗車体験スタート湖南省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ワンタップで配車、自動運転タクシーの乗車体験スタート湖南省 中国湖南省長沙市でこのほど、自動運転タクシー「ApolloRobotaxi(アポロ・ロボタクシー)」の乗車体験が全面的に実施され、長沙市民に新たな外出手段が加わった。湖南阿波羅智行科技テスト・車両運営部の責任者、成李(せい・り)氏によると、同社は現在、長沙市に計45台のロボタクシーを投入して運行を行い、関連のテストを実施している。市民は地図アプリの「百度地図」で直接配車を予約し、規定の時間と範囲内でロボタクシーの乗車体験ができる。自動運転テストには計135キロの道路が開放されている。新型コロナウイルス感染症対策のため、スタッフが事前に車内を消毒し、乗客に対しても検温と消毒を行う。乗車後、乗客が後部座席のディスプレーに表示された2次元バーコードをスキャンすると、自動運転がスタートする。車両の前部座席には、保安要員とテストエンジニアが座る。保安要員は車両の運行状況をリアルタイムにモニタリングし、危険な状況が発生した場合は直ちに運転操作を行う。テストエンジニアは車両運行情報と乗客の反応を記録する。各車両の上部には360度をスキャンできるレーザーレーダーを設置しており、200メートルの範囲のスキャンが可能。スキャンによって、ルート上の車両、車線、交差点、信号などを含む360度の映像を車両のセンターコンソールと後部座席のディスプレーに正確に表示する。乗客は、ディスプレー上で時速や目的地までの距離などの運転情報もリアルタイムで確認できる。(記者/丁春雨)<映像内容>自動運転タクシーの配車、乗車の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 タクシー 自動運転 百度 バイドゥ アポロ・ロボタクシー ApolloRobotaxi アポロロボタクシー エンジニア スキャン スタッフ スタート スタート湖南省 センターコンソール テストエンジニア テスト車両 テスト車両運営 ディスプレー バーコード モニタリング リアルタイム レーザー レーザーレーダー レーダー ロボタクシー ワンタップ 中国湖南省 中国湖南省長沙市 乗車体験 乗車体験スタート 体験スタート 体験スタート湖南省 保安要員 前部座席 地図アプリ 外出手段 後部座席 感染症対策 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染症 新型コロナウイルス感染症対策 智行科技 智行科技テスト 湖南省長沙市 湖南阿波 湖南阿波羅 百度地図 科技テスト 科技テスト車両 羅智行科技 自動運転タクシー 自動運転テスト 車両運営 車両運行 車両運行情報 運行情報 運行状況 運転情報 運転操作 長沙市民 阿波羅智行

映像情報

撮影日
2020/05/01
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分33秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4