航空機の改造で業界の生産再開を支援山東省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

航空機の改造で業界の生産再開を支援山東省  27日、航空機の主翼内部の燃料タンクを点検・修理する山東太古飛機工程の技術者。中国山東省済南市の山東太古飛機工程は2月10日に通常操業に復帰して以来、世界の航空輸送市場の変化に積極的に対応している。3本の生産ラインを改造して生産ペースを全力で保障し、航空業界全体の生産再開を支援している。同社は、ナローボディ機や短距離輸送用のリージョナル機の、アジア太平洋地域における重要な修理・改造拠点となっており、定期検査を請け負っている航空機は、毎年延べ400機を超えている。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 航空機 改造 修理 技術 アジア太平洋地域 ナローボディ機 リージョナル 中国山東省 中国山東省済南市 主翼内部 修理改造 修理改造拠点 定期検査 山東省済南市 支援山東省 改造拠点 点検修理 燃料タンク 生産ペース 生産ライン 生産再開 短距離輸送 航空業界 航空輸送 航空輸送市場 輸送市場 通常操業

画像情報

登録日時
2020/04/27 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3931×5897 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
66.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ