「新華社」立夏の伝統食、香り高い「烏米飯」浙江省開化県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」立夏の伝統食、香り高い「烏米飯」浙江省開化県 中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県中村郷の樹範村には、ショオ族の人々が集まって住んでいる。同村では二十四節気の「立夏」の時期(今年は5月5日)に、黒く染めた米で作った「烏米飯」を食べる伝統がある。烏飯葉(シャシャンボの葉)を石臼でひいた汁を鍋で加熱してから、といで乾燥させたもち米を入れ、数時間浸すと烏米になる。乾燥させて煮込めば烏米飯の出来上がりだ。出来立ての烏米飯にベーコンやジャガイモなどの食材を加えると、おいしそうな香りが漂ってくる。地元住民らは烏飯を使って菓子やちまきなども作る。メーデーの連休期間中には名高い伝統食を求めて大勢の観光客が訪れた。(記者/鄭夢雨)<映像内容>ショオ族の立夏の伝統食、烏米飯を作る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 民族文化 伝統文化 食事 調理 シャシャンボ ジャガイモ ベーコン メーデー 中国浙江省 中国浙江省衢 二十四節気 地元住民 浙江省衢 浙江省開化県 連休期間中

映像情報

撮影日
2020/05/09
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分17秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4