「新華社」吉林大学の研究者ら、恐竜の歯の進化で新発見
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」吉林大学の研究者ら、恐竜の歯の進化で新発見 中国吉林大学恐竜進化研究センターの研究者が率いる国際共同研究チームはこのほど、ジュラ紀前期に生息していた古竜脚類ルーフェンゴサウルスの胚の化石から、生え替わりなどの歯の発育メカニズムが成体と異なり、ジュラ紀後期の竜脚類恐竜の成体と類似していることを解明した。竜脚類恐竜の成体の歯が棒状で、生え替わりが早いのは、ルーフェンゴサウルスの胚に見られる特徴を残して進化した可能性が高く、竜脚類恐竜の大型化にも関連があるとみられている。研究成果は7日、英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。(記者/張建)<映像内容>恐竜の歯の進化で新発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 恐竜 生態 ジュラ紀 ジュラ紀前期 ジュラ紀後期 センター ネイチャーコミュニケーションズ メカニズム ルーフェンゴサウルス 中国吉林大学 中国吉林大学恐竜 共同研究 共同研究チーム 吉林大学 吉林大学恐竜 吉林大学恐竜進化 国際共同研究 国際共同研究チーム 恐竜進化 恐竜進化研究 発育メカニズム 研究センター 研究成果 竜脚類ルーフェンゴサウルス 竜脚類恐竜 進化研究 進化研究センター

映像情報

撮影日
2020/05/09
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分35秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4