「新華社」パミール高原を下り都会の大学生になった牧畜民姉妹
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」パミール高原を下り都会の大学生になった牧畜民姉妹 パミール高原に、十数年間刻苦勉励し高原の牧場から大学のキャンパスへ羽ばたいた姉妹がいる。山で羊を追っていた少女たちが都会の大学生になるまでの軌跡を追った。ジパール・シャトワリディーさんとキルハリ・シャトワリディさんは、中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州ウルグチャト県のごく一般的なキルギス族牧畜民の家庭に生まれた。点在した居住地、過酷な環境、貧困などが原因で、パミール高原の牧畜地域の子どもたちはこれまで、高等教育を受ける機会が限られ、多くは親の代から続く遊牧生活を繰り返すしかなかった。妹のキルハリさんはこの十数年間の大きな変化を振り返り「もしこれほど素晴らしい学習環境と機会がなければ、私たち姉妹は羊の放牧を続けるしかなかった」と語った。移住して定住生活を始める前、一家は標高3千メートルを超える高原の山岳地帯で、古びた土造りの家に身を寄せ合って暮らしてきた。交通の便は悪く、水や電気にも不自由していた。一家は2014年、山を下りて新しい牧畜民の定住村に引っ越した。家には水道、電気、インターネット回線が引かれ、道路も自宅前まで整備されていた。国による貧困地域への教育投資が拡大するにつれ、姉妹のふるさとの小中学校の教育レベルも向上し続け、都会で教育を受ける子どもが増えている。キルハリさんは現在、四川省成都市の西南財経大学の2年生で、金融学を専攻している。姉のジパールさんは今年大学4年生で、近く同自治区の昌吉学院を卒業する。進路も早くから決めており、「数学専攻なので、ふるさとで数学の教師になりたい。子どもの頃からパミール高原で育ち、あそこの子どもたちがどれほど山を出たいと願っているかよく知っている。子どもたちが夢をかなえる手助けをしたい」と語った。変化は今も続いている。山岳地帯出身の大学生はますます増え、シャトワリディーさん姉妹のような物語が天山山脈の南北で日々綴られている。(記者/高晗、于涛、董亜雷)<映像内容>牧畜民の大学生姉妹の生活、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 姉妹 大学生 牧畜民 暮らし 生活 ふるさと インターネット インターネット回線 ウルグチャト キャンパス キルギス キルハリ キルハリシャトワリディ クズルスキルギス クズルスキルギス自治州 クズルスキルギス自治州ウルグチャト シャトワリディー ジパール ジパールシャトワリディー パミール高原 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区クズルスキルギス 刻苦勉励 四川省成都市 大学生姉妹 天山山脈 子どもたち 学習環境 定住生活 小中学校 山岳地帯 山岳地帯出身 教育レベル 教育投資 数学専攻 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区クズルスキルギス 新疆ウイグル自治区クズルスキルギス自治州 昌吉学院 牧畜地域 私たち姉妹 自治州ウルグチャト 西南財経 西南財経大学 財経大学 貧困地域 遊牧生活 高等教育

映像情報

撮影日
2020/05/09
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分21秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4