「新華社」河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」河南省鞏義市、「河洛古国」の重大な考古学研究の成果を発表 国河南省鄭州市文物考古研究院は7日、同省鞏義(きょうぎ)市双槐樹遺跡で見つかった古国時代の都邑遺跡における段階的かつ重大な考古学研究の成果を発表した。黄河南岸の高台に位置する双槐樹遺跡は、伊水と洛水(らくすい)が黄河に流れ込む同省鞏義市河洛鎮にある。近年、中国社会科学院考古研究所と合同で遺跡の考古学調査を続けている同研究院は、複数の著名な考古学者による実地視察と研究・検討、論証を経て、同遺跡が今から約5300年前の古国時代の都邑遺跡であるとの結論を下した。また、遺跡が河洛の中心エリアにあることから、「河洛古国」と命名することを提案した。(記者/袁月明)<映像内容>双槐樹遺跡の考古学研究の成果を発表、撮影日:2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 歴史 考古学 空撮 中国社会科学院 中国社会科学院考古 中国社会科学院考古研究所 中心エリア 双槐樹遺跡 古国時代 同省鞏義 国河南省 国河南省鄭州市 実地視察 市双槐樹 市双槐樹遺跡 市河洛鎮 文物考古 文物考古研究 河南省鄭州市 河南省鄭州市文物 河南省鞏 河南省鞏義市 河洛古国 研究検討 義市河洛 考古学研究 考古学者 考古学調査 考古研究 考古研究所 都邑遺跡 鄭州市文物 鄭州市文物考古 鞏義市河 黄河南岸

映像情報

撮影日
2020/05/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分11秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4