「新華社」魚と野菜の共生で生態循環型栽培を実現河北省涉県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」魚と野菜の共生で生態循環型栽培を実現河北省涉県 中国河北省邯鄲(かんたん)市渉(しょう)県では、農業技術者が魚の養殖と野菜の栽培を同時に行う生態循環型農業「アクアポニックス」のモデルを探求している。この水耕栽培モデルはコスト低減と経済効率の向上につながる。地元のスマート農業実験基地では、水耕栽培の青菜やレタス、キャベツなどの野菜が元気に育ち、水中ではソウギョやナマズ、ドジョウなどの魚が泳ぎ回っている。魚の分泌物や排泄物、エサの残りかすなど廃棄物は野菜に与える栄養塩類へと転換される。野菜が栄養塩類を吸収することで水質が浄化され、魚の生育環境が改善する。さらに技術スタッフが水肥一体化給肥装置を使って定期的に養魚池の栄養分を含んだ水の半分を交換しており、抽出された水は他の温室栽培の野菜の水やりに使われる。(記者/岳文婷)<映像内容>魚の養殖と野菜の栽培を同時に行うアクアポニックスの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 農業 空撮 養殖 水耕栽培 アクアポニックス キャベツ コスト低減 スタッフ スマート スマート農業 スマート農業実験 ソウギョ ドジョウ 中国河北省 中国河北省邯鄲 実現河北省 実現河北省涉 実験基地 技術スタッフ 栄養塩類 残りかす 水耕栽培モデル 水肥一体化 河北省涉 河北省涉県 河北省邯鄲 温室栽培 生態循環 生育環境 経済効率 農業実験 農業実験基地 農業技術 魚の分泌 魚の生育 魚の生育環境 魚の養殖

映像情報

撮影日
2020/05/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分29秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4