「新華社」浙江省安吉県で準絶滅危惧種のアジアアナグマの撮影に成功
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」浙江省安吉県で準絶滅危惧種のアジアアナグマの撮影に成功 中国浙江省湖州市の安吉県自然資源・計画局は、同県の野生動物資源基礎調査プロジェクトチームがこのほど、赤外線カメラの撮影データを整理したところ、アジアアナグマの写真と動画を確認したことを明らかにした。同省で二十年以上にわたって「失踪」していたアジアアナグマが、安吉県に姿を現した。今回が同省初となる野生のアジアアナグマの映像記録になるという。中国の南部各省に分布するアジアアナグマの個体数はすでに楽観できない状況にあり、旧環境保護部と中国科学院による2015年版「中国生物多様性レッドリスト―脊椎動物篇」では近危急種(NT、準絶滅危惧)に指定されている。今回の画像データは、県域野生動物資源基礎調査プロジェクトを実施する中で得た。同プロジェクトは浙江省林業局県域野生動物資源調査の試験的事業の一つで、同省森林資源モニタリングセンターと安吉県自然資源・計画局が共同で実施している。すでに3年を経ており、プロジェクトは現在、最終段階に入っている。(記者/馬剣)<映像内容>赤外線カメラで撮影した野生のアジアアナグマ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 野生 生態 アジアアナグマ アナグマ センター プロジェクト プロジェクトチーム モニタリング モニタリングセンター レッドリスト 中国浙江省 中国浙江省湖州市 中国生物多様性 中国生物多様性レッドリスト 中国科学院 南部各省 同省森林 同省森林資源 基礎調査 基礎調査プロジェクト 基礎調査プロジェクトチーム 撮影データ 映像記録 最終段階 森林資源 森林資源モニタリング 浙江省安吉県 浙江省林業 浙江省湖州市 準絶滅危惧 環境保護 生物多様性 生物多様性レッドリスト 画像データ 県域野生動物 県域野生動物資源 絶滅危惧種 脊椎動物 調査プロジェクト 調査プロジェクトチーム 資源モニタリング 資源モニタリングセンター 資源基礎 資源基礎調査 資源計画局 資源調査 赤外線カメラ 野生動物 野生動物資源 野生動物資源基礎 野生動物資源調査

映像情報

撮影日
2020/05/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
30fps
再生時間
00分10秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4