ロシアが北朝鮮に小麦支援 コロナ禍で食料不足懸念
本映像はログイン後にご覧いただけます

ロシアが北朝鮮に小麦支援 コロナ禍で食料不足懸念  ロシアの在北朝鮮大使館は15日までに、ロシアが人道支援として提供した小麦2万5千トンを積んだ貨物船が北朝鮮西部・南浦港に着いたと明らかにした。北朝鮮は慢性的な食料不足に悩むが、新型コロナウイルス対策の国境封鎖により事態の深刻化が懸念されている。ロシア大使館はフェイスブックで、世界食糧計画(WFP)の調査を引用し、昨年、北朝鮮の穀倉地帯を襲った干ばつなどのせいで、少なくとも人口の4割に当たる1千万人が食料不足に直面していると指摘した。北朝鮮は今年1月末から中国やロシアとの国境を封鎖し、経済的な後ろ盾である中国との貿易も激減。肥料や燃料の不足で農業が打撃を受ける可能性が指摘されている。3月以降、海外からの支援物資は厳しい検疫措置の下、受け入れる一方、国内の非常防疫体制は維持。首都平壌では15日、雨天の中、市民らがマスク姿で出勤していた。<映像内容>平壌市内雑観。自立経済で制裁に対抗する「正面突破戦」を訴えるスローガン、平壌駅、柳京ホテル前の様子、撮影日:2020(令和2)年5月15日、撮影場所:北朝鮮平壌

タグ ロシア 在北朝鮮大使館 人道支援 小麦 2万5千トン 貨物船 北朝鮮西部 南浦港 食料不足 新型コロナウイルス 国境封鎖 世界食糧計画 非常防疫体制 スローガン フェイスブック マスク姿 ロシア大使館 北朝鮮大使館 北朝鮮平壌 北朝鮮西部南浦 小麦支援 市内雑観 平壌市内 平壌市内雑観 支援物資 新型コロナウイルス対策 柳京ホテル 検疫措置 正面突破 穀倉地帯 自立経済 西部南浦 防疫体制 食料不足懸念 首都平壌

映像情報

撮影日
2020/05/15
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分58秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4