人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで採点する、南平市無形文化遺産・大紅袍製作技能継承者で中国国家一級茶芸師の劉安興(りゅう・あんこう)さん(左から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国茶 中国文化 伝統文化 お茶 ざんしょうしゅ つけ総合 つけ総合得点 ょうしゅ りゅうあん カプセル コンテスト コンテスト福建省 コンテスト福建省武夷山 スマート スマート製造 スマート製造技術 中国国家 中国福建省 中国福建省武夷山 南平市無形文化遺産 技能継承 正山小種 無形文化遺産 真剣勝負 福建省武夷山 紅袍製作 総合得点 自動抽出 袍製作技能 製作技能 製作技能継承 製造技術 観光施設 香江茗苑

画像情報

登録日時
2020/05/13 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3500×5080 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
50.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ