「新華社」3Dプリントで再現、原寸大の雲岡石窟が世界を巡る山西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」3Dプリントで再現、原寸大の雲岡石窟が世界を巡る山西省 中国山西省の雲岡石窟研究院はここ数年、デジタル化による文化財保護活動に積極的に取り組み、デジタル技術を通じて雲岡石窟を3Dプリントし、世界を巡らせようとしている。同研究院は3Dレーザースキャン技術と多数の画像の3D再構成を組み合わせた作業方法を採用。文化財本体のあらゆる細部を収集し、デジタル情報を3Dプリントすることで、文化財の材質や色の質感まで高精度に再現することが可能となった。石窟は日々風化が進んでおり、長年のデータを比較することで、いつ風化してしまうかを推測できる。これは研究者にとっては、風化を防げるうちに石窟保護プランを示し、実施に移さなければならないことを意味する。デジタル技術を文化財保護に応用することで、文化遺産の研究や保護、管理のレベルは飛躍的に向上した。さらに、しっかりとした研究を前提に人々に公開することで、世界の人々が雲岡文化を理解し、身近に感じることも可能になった。同省大同市にある雲岡石窟は、1500年の歴史を持つ中国最大の古代石窟群の一つ。2001年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。(記者/武敵、趙陽、徐偉、馬志異)<映像内容>雲岡石窟を3Dプリントでデジタル化、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 文化財 3Dプリント 科学 技術 スキャン スキャン技術 デジタル デジタル化 デジタル情報 デジタル技術 ユネスコ レーザー レーザースキャン レーザースキャン技術 世界遺産 中国山西省 中国最大 作業方法 保護プラン 保護活動 古代石窟 同省大同市 国連教育科学文化機関 文化財保護 文化財保護活動 文化財本体 文化遺産 石窟保護 石窟保護プラン 石窟研究 雲岡文化 雲岡石窟 雲岡石窟研究

映像情報

撮影日
2020/05/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分43秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4