「新華社」長沙市野生動植物保護協会、野生のミミセンザンコウの撮影に成功
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」長沙市野生動植物保護協会、野生のミミセンザンコウの撮影に成功 国湖南省の環境保護組織、長沙市野生動植物保護協会はこのほど、江西省九江市に設置した赤外線カメラが、野外で活動するミミセンザンコウの貴重な動画を撮影したと明らかにした。同協会は2016年から「最後のセンザンコウを探せ」プロジェクトを始動しているが、野外で活動するミミセンザンコウの撮影に成功したのは今回が初めて。動画には1匹のセンザンコウが茂みの中を通り過ぎる様子が捉えられていた。この長い尻尾とやや盛り上がった背中を持ち、素早く歩くセンザンコウは、専門家の鑑定によりミミセンザンコウだと判明した。野生動物保護の関係者は、このところミミセンザンコウの姿が何度も確認されていることについて、ミミセンザンコウが個体数の維持・回復能力を失う「機能的絶滅」の状態にはないことを証明しているとの認識を示した。(記者/史衛燕、明星、王昕怡)<映像内容>ミミセンザンコウの撮影に成功、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。※画質が良くありません。

タグ 動物 生き物 生態 野生 センザンコウ プロジェクト ミミセンザンコウ 保護協会 動植物保護 動植物保護協会 回復能力 国湖南省 江西省九江市 環境保護 環境保護組織 維持回復 維持回復能力 赤外線カメラ 野生動植物 野生動植物保護 野生動物 野生動物保護 長沙市野生 長沙市野生動植物

映像情報

撮影日
2020/05/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
368p
フレームレート
30fps
再生時間
00分09秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4