伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀のブレスレットのつや出し作業をする師匠。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 鍛造 銀細工 職人 技術 芸術 民族文化 きょうか つや出し つや出し作業 ブレスレット 国家無形文化遺産 技術伝習 湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州 湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県 湖南省鳳凰県 湘西トゥチャ族ミャオ族自治州 湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県 無形文化遺産 貴州省出身 銀細工湖南省 銀細工湖南省鳳凰県 銀鍛造技術 鍛造技術 鍛造技術伝習

画像情報

登録日時
2020/05/14 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1196×1800 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
6.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ