「新華社」枝もたわわ、収穫期迎える「三潭」ビワ安徽省黄山市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」枝もたわわ、収穫期迎える「三潭」ビワ安徽省黄山市 中国五大ビワ産地の一つ安徽省黄山市歙(きゅう)県では5月下旬に入り、2万ムー(約133・3ヘクタール)に広がる「三潭」ビワが枝もたわわに黄金色の実をつけ、収穫期を迎えている。「三潭」ビワは歙県を流れる新安江の畔にある漳潭村、綿潭村、瀹潭(ようたん)村を主な産地としていることから名付けられ、すでに800年余りの栽培の歴史がある。綿潭村では19日、第13回歙県「三潭」ビワフェスティバルが開催された。今年は「中国観光の日」(毎年5月19日)のイベントとタイアップし、観光政策の公布や企業による貧困脱却を目的とした取引のほか、ビワ早食い、ビワ狩り、展示即売、撮影会・写真展などの各種催しが行われた。(記者/白斌)<映像内容>収穫期のビワ、ビワを食べる女性、安徽省黄山市の風景、撮影日:2020(令和2)年5月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 ドローン 風景 景観 ビワ 果物 イベント タイアップ ビワフェスティバル ビワ安徽省 ビワ安徽省黄山市 ビワ早食い ビワ産地 フェスティバル 一つ安徽省 一つ安徽省黄山市 中国観光 各種催し 安徽省黄山市 安徽省黄山市歙 展示即売 撮影会写真展 観光政策 貧困脱却 黄山市歙

映像情報

撮影日
2020/05/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分15秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4