「新華社」世界初!3D版AIキャスターが新華社に登場
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」世界初!3D版AIキャスターが新華社に登場 世界初の3D版人工知能(AI)合成キャスター「新小微」が20日、中国の「両会」(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)開幕を前に公開された。これは世界初のAI合成キャスターやその後の直立型、女性版、ロシア語版AIキャスターに続き、新華社スマート化編集部が中国検索エンジン大手、捜狗(Sogou)と共同で開発した最新のスマート化製品となる。「新小微」は新華社の趙琬微(ちょう・えんび)記者をモデルに、最新AI技術により「クローン化」された。外見上は髪や肌の再現性が高く、前世代のAI合成キャスター(2D)と比べ、立体感や動きの柔軟性、インタラクティブ能力、応用シーンなどの面が大幅に向上した。アップになると、髪の毛や肌の毛穴まではっきり見える。「新小微」はニュースメディア初のAI駆動型3D技術合成キャスターとして、今年の「両会」開催期間に、ニュース動画をデジタル化して制作。対応するテキストコンテンツを機械に入力するだけでニュースを伝え、内容に合った表情や身振りをする。「新小微」のプロジェクトリーダーは「今後のディープラーニングとバージョンアップにより、『彼女』の仕事の範囲はさらに広がるだろう」と指摘。3Dバーチャルシーンの拡大に伴い、今後はスタジオの外に出て、さまざまな場面でのニュース報道の多様なニーズに一層対応できるようになると述べた。2018年11月7日、新華社は捜狗と共同で、世界初のAI合成キャスターを発表。キャスター本人と同様のアナウンス能力を持つ「分身」を生み出すことに成功した。その後もアップグレードとラインナップ拡大が進んでおり、業界内ではニュースメディアにおけるAIのパイオニア的応用として評価されている。<映像内容>世界初の3D版AI合成キャスター「新小微」、撮影日:2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 3D AIキャスター AIキャスター AI合成 AI合成キャスター AI技術 AI駆動 Sogou ちょうえんび アップグレード アナウンス アナウンス能力 インタラクティブ インタラクティブ能力 キャスター キャスター本人 クローン コンテンツ スタジオ スマート化 スマート化編集部 スマート化製品 テキスト テキストコンテンツ ディープラーニング デジタル バージョンアップ バーチャル バーチャルシーン パイオニア プロジェクト プロジェクトリーダー メディア ラインナップ ラインナップ拡大 リーダー ロシア語 中国人民政治協商会議 中国検索エンジン 中国検索エンジン大手 人工知能 全国人民代表大会 合成キャスター 応用シーン 技術合成 技術合成キャスター 最新AI 最新AI技術 検索エンジン 検索エンジン大手 開催期間

映像情報

撮影日
2020/05/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分50秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4