中国の合同作業グループ、新型コロナ対策支援でタジキスタンへ出発
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中国の合同作業グループ、新型コロナ対策支援でタジキスタンへ出発  22日、陝西省政府で、出発式に参加した合同作業グループの副長を務める陝西省人民医院の易智(い・ち)副院長(左から3人目)。中国がタジキスタンに派遣する合同作業グループが23日、チャーター機で陝西省の西安咸陽国際空港を出発した。タジキスタンで新型コロナウイルス感染対策の支援活動を行う。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 国際支援 感染対策 グループ コロナ対策 コロナ対策支援 タジキスタン チャーター機 人民医院 作業グループ 合同作業 合同作業グループ 対策支援 支援活動 新型コロナ 新型コロナウイルス感染対策 新型コロナ対策 西安咸陽国際空港 陝西省人民 陝西省人民医院 陝西省政府

画像情報

登録日時
2020/05/22 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2804×4000 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
32.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ