「新華社」中国の鉄道で走行距離最長の旅客列車、今年60歳に
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国の鉄道で走行距離最長の旅客列車、今年60歳に 中国の北京を出発し、モンゴルのウランバートルを経由してロシアのモスクワに向かうK3/K4国際列車が今年60歳を迎える。3カ国を通る片道7818キロの同列車の累計走行距離はすでに5千万キロ以上に達しており、100カ国余りの乗客200万人以上を安全に輸送してきた。現在、同列車は新型コロナウイルス感染症の影響で運休している。(記者/丁静、張漫子)<映像内容>今年で60歳の3カ国を通る旅客列車、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 運休 列車 交通 鉄道 ウランバートル モスクワ モンゴル 国際列車 新型コロナウイルス感染 旅客列車 累計走行距離 走行距離 走行距離最長

映像情報

撮影日
2020/05/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分37秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4