「新華社」千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県 中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(記者/劉軍喜、張端、韓暁雨)<映像内容>宣紙の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 空撮 製紙 制作 職人 技術 中国文化 伝統文化 ユネスコ 中国安徽省 中国安徽省宣城市 伝統技法 制作技法 国連教育科学文化機関 安徽省宣城市 安徽省宣城市涇 安徽省涇 安徽省涇県 宣城市涇 明清時代 無形文化遺産 紙寿千年

映像情報

撮影日
2020/05/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分54秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4