「新華社」漢王朝とペルシャ帝国の往来を物語るペルシャ壺広西合浦県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」漢王朝とペルシャ帝国の往来を物語るペルシャ壺広西合浦県 中国広西チワン族自治区北海市合浦県にある漢代文化博物館には、同館の至宝、ペルシャ壺が収蔵されている。考古学者が2008年12月、同県寮尾13号墓で緊急発掘調査を行った際、多くの陶片を発見し、これらをつなぎ合わせてペルシャ壺を復元した。この壺は中国で出土した最も古いペルシャ壺で、唯一の後漢時代のものとされる。江蘇省揚州市で出土した隋代のペルシャ壺よりも500年ほど古く、漢王朝とペルシャ帝国の往来を物語る重要な文物となっている。壺は口径8・2センチ、最大腹径19・2センチ、底径10・8センチ、高さ34・4センチ。頸部から胴上部にかけてアーチ形の取っ手がついている。専門家は、この壺が外国商人の私物だった可能性が高いとみている。同博物館はペルシャ壺のほか、現地の漢墓から出土した東南アジア、南アジア、西アジアおよび地中海地域のガラスの器、琥珀(こはく)、水晶などの文物も展示している。(記者/覃広華、梁舜、李兪輝)<映像内容>中国で出土した最も古いペルシャ壺、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 ペルシャ壺 考古学 歴史 ペルシャ ペルシャ壺広西 ペルシャ帝国 中国広西チワン族自治区 中国広西チワン族自治区北海市 北海市合浦県 南アジア 同県寮尾 地中海地域 壺広西合浦県 外国商人 広西チワン族自治区 広西チワン族自治区北海市 広西チワン族自治区北海市合浦県 広西合浦県 後漢時代 文化博物館 東南アジア 江蘇省揚州市 漢代文化 漢代文化博物館 発掘調査 考古学者 西アジア

映像情報

撮影日
2020/05/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分40秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4