「新華社」南海子麋鹿苑のシフゾウ北京市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」南海子麋鹿苑のシフゾウ北京市 中国北京市大興区の南海子麋鹿苑(びろくえん)には600ムー(約40ヘクタール)余りの湿地があり、国家1級保護動物のシフゾウ200頭余りが生息している。ひづめはウシに、頭はウマに、角はシカに、体はロバに似ているが、それらのどの動物でもないという説から、四不像(しふぞう)の名がつけられた。繁殖期の夏になると、雄は角をぶつけ合い、雌をかけた決闘を繰り広げる。研究者の数年にわたる調査では、同苑に生息する鳥類は今年3月時点で183種に上る。22日は国連が定めた「国際生物多様性の日」。北京市生態環境局が4月に発表した「2019年北京生態環境年度公報」によると、同市には鳥類497種、高等植物2917種、脊椎動物・昆虫4305種が生息・生育している。(記者/倪元錦)<映像内容>南海子麋鹿苑のシフゾウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 生態 づめはウシ シフゾウ シフゾウ北京市 中国北京市 中国北京市大興区 保護動物 北京市大興区 北京市生態 北京市生態環境 北京生態 北京生態環境 南海子麋 南海子麋鹿苑 国際生物多様性の日 年度公報 環境年度 環境年度公報 生息生育 生態環境 生態環境年度 脊椎動物 脊椎動物昆虫

映像情報

撮影日
2020/05/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
30fps
再生時間
01分02秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4