「新華社」中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省 高原型無人ヘリAR500Cがこのほど、中国江西省で初飛行に成功した。同機は同省景徳鎮市にある航空工業ヘリコプター設計研究所が独自開発したもので、国内の高原型無人ヘリ分野の空白を埋めた。同研究所は中国のヘリモデル開発における設計統括部門にあたる。指揮官が20日午後3時半、初飛行の指令を出すと、同機はメインローターを急回転させて飛び立った後垂直に上昇。前後進飛行、左右側面飛行、ホバリング旋回、機動飛行などのテスト飛行科目を次々とこなし、約20分間飛行してから着陸したという。データによると、機体の状態は良好で、初飛行の成功が宣言された。同機は無人ヘリAR500Bの技術を土台にして開発された高原型無人ヘリ。最大離陸重量は500キロ、離陸高度は5千メートル、実用上昇限度は6700メートル、航続時間は約5時間、最大水平飛行速度は時速170キロ、最大巡航速度は時速165キロとなっている。(記者/李美娟)<映像内容>高原型無人ヘリの初飛行の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 無人ヘリ IT 科学 技術 テスト飛行 テスト飛行科目 ヘリAR ヘリコプター ヘリコプター設計 ヘリコプター設計研究所 ヘリモデル ヘリモデル開発 ヘリ分野 ホバリング ホバリング旋回 メインローター モデル開発 上昇限度 中国江西省 側面飛行 原型無人 原型無人ヘリ 同省景徳鎮市 実用上昇 実用上昇限度 巡航速度 工業ヘリコプター 工業ヘリコプター設計 左右側面 左右側面飛行 後進飛行 成功江西省 景徳鎮市 最大巡航速度 最大水平 最大水平飛行 最大離陸重量 機動飛行 水平飛行 水平飛行速度 無人ヘリAR 無人ヘリ分野 統括部門 航空工業 航空工業ヘリコプター 航続時間 設計研究所 設計統括 設計統括部門 飛行科目 飛行速度

映像情報

撮影日
2020/05/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分05秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4