「新華社」三江源国家公園でユキヒョウの親子を撮影青海省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」三江源国家公園でユキヒョウの親子を撮影青海省 中国青海省南部の三江源国家公園は、複数の県にまたがる広大な面積を持つ。同公園内に位置する玉樹チベット族自治州曲麻莱(チュマルレプ)県に設置された赤外線カメラがこのほど、野生のユキヒョウ3匹の姿を捉えた。母親が子ども2匹を連れて行動し、雪の上でじゃれ合う様子が映っている。長江・黄河・瀾滄江(らんそうこう、メコン川上流)の水源地として知られる同国家公園は、年内にも中国初の国立公園に指定される。生物多様性に富み、野生動物が広く分布しており、ユキヒョウの生息地が世界で最も集中している地域の一つでもある。ここ数年は、生態系が改善し、社会による保護の取り組みも向上したことで、ユキヒョウが頻繁に出没するようになった。(記者/王艶)<映像内容>野生のユキヒョウの親子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい動画です。

タグ 動物 生き物 野生 生態

映像情報

撮影日
2020/05/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
368p
フレームレート
12.5fps
再生時間
00分38秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4