第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  28日、貴州省遵義市湄潭県の茶産業博覧会会場。中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 農業 茶業 イベント バイヤー バイヤー交流会 ミャンマー メインイベント モロッコ 中国貴州省 中国貴州省遵義市 加工会社 博覧会会場 年間生産量 栽培面積 産業博覧会 産業博覧会会場 茶産業博覧会 貴州省遵義市 貴州省遵義市湄 輸出農産品 遵義市湄 遵義市湄潭 開幕貴州省 開幕貴州省遵義市

画像情報

登録日時
2020/05/28 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3024×4032 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
34.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ