百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉の周辺風景。現代農業施設が立ち並ぶ。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 観光 歴史 中国文化 中国陝西省 中国陝西省渭 中央政府 保存状態 保護単位 備蓄倉庫 備蓄小麦 備蓄食糧 入れ替え 入れ替え陝西省 南市大茘県 周辺風景 文物保護 文物保護単位 渭南市大茘県 現代農業 現代農業施設 貯蔵小麦 重点文物 重点文物保護 陝西省渭 陝西省渭南市 食糧倉庫 食糧備蓄 食糧備蓄倉庫

画像情報

登録日時
2020/05/27 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1996×3000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
17.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ